スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[SS]めいくあっぷ(前編)

おかしいな。どうしちゃったのかな。
どうしてもう4月の最終週なのかな?

前回の更新から早2週間。時の流れは速いですね~。黒光です。

最近眠りが浅くて、疲れがなかなか抜けてくれません。はぁ。
おかげで一晩で夢3本立てとかざらです。
大抵は中・高・大学の友人がごちゃ混ぜで登場するパターンですが、
たまになのはやフェイトが、この前はヴィータが出てきました。
ふぅ。疲れてるなぁ。

もっとひどいのは、
「ファイト」と文字で書いてあると、「フェイト」に読めてしまうこととか、
「ナノメートル」が「なの、メートル」に聞こえて仕方ないという。
授業で「ナノ」が出てくると、つい・・・


今回のSSですが、中身はヴィータとエリキャロです。
このSSは続けるつもりなんですが、後半はまだ書き上げていませんので、
気長にお待ち下さい。。。







「めいくあっぷ」



午前中の訓練が終わったある日の昼下がりのこと。

かっかっかっ

ヒールの音も高らかに1人の女性が歩いていた。管理局指定の茶色い制服に身を包み、
伸びた髪は背中の真ん中まで流れていた。年の頃は16、7といったところか。

もっとも、機動6課において10代後半の少女が仕事をこなす姿は日常的に見ることのでき
る光景ではある。
だが、新人フォワードのエリオ・モンディアルとキャロ・ル・ルシエは首を傾げた。

「エリオくん、あの人誰だか知ってる?」

「僕も分からない。本局の人かな?」

カッカッカッ


ちょうど廊下をすれ違うときに2人はいつも通り挨拶を交わした。

「こんにちは。」

カッ


「おう。2人とも、午後の訓練はいいのか?」


少女の外見からは想像もつかない、男気溢れる返事に


「へ…?」
「え…?」

文字通り固まる2人。

「おい、どうしたんだ?」

訝しげに聞き返して来る赤髪の少女に対して、若干早く回復したエリオが口を開いた。

「あ、あの、僕、エリオ・モンディアルです。失礼ですが、ヴィータ副隊長のお姉さんで
すか?」
「は…?」


今度は赤髪の少女が固まる番だった。しかし、こちらはすぐに回復して、腰に手をあて溜め息をついた。


「はあ…。お前らなあ。ヴィータ副隊長本人に決まってるだろ。これは変身魔法だ。」



ようやく回復したキャロだが、まだ目は点になったままだ。



「はあ…」

またしても盛大な溜め息をついたヴィータは2人を食堂へ連れて行った。




食堂に連れて行かれた僕とキャロはヴィータ副隊長から色々と話を聞いた。

今日は管理外世界―地球―への出張任務があり、その関係で変身魔法を使ったこと。

以前数年前まで住んでいた町にも立ち寄ったのだが、向こうの世界でヴィータ副隊長が成
長していないというのは不自然。

「つーわけだ。分かったかお前ら。」

「「はいっ!」」

期せずして重なる2人の返事。


「あの…出張ってどんな任務だったんですか?」
ヴィータ副隊長が変身魔法を使うくらいだ。さぞ重大な任務のはずだ。

「ん…ああ、食材の買い出しだ。」

管理外世界までわざわざ行くような用事が買い物?

「食材…ですか?」

思わず聞き返してしまった。

「はやての故郷でしか手に入らないものも多いからな。今夜の夕食はギガうま間違いなし
だぜ!」

そう言ってガッツポーズをするヴィータ副隊長。ヴィータ副隊長がそこまでして八神部隊
長が作る料理。それだけでも凄さが想像できる。

「しかし、お前ら変身魔法くらい、教導初期で習うだろ?」

確かに正規のプログラムでは変身魔法も習うと聞いていたけど、

「あの、私は6課が初めてなので…」

キャロの返答に続ける。

「僕もです。フェイトさんには基本的な身の守り方しか教わっていませんから。」

ヴィータ副隊長は少し考える素振りを見せ、

「そうか。そうだったな。…よし、いい機会だ。午後暇ならちょっと付き合ってやるか。」

「「はい?」」

またもやキャロと僕の声が重なった。

to be continued

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

黒光(くろみつ)

Author:黒光(くろみつ)
リリカルなのはと出会ってやっと2年(2010年3月時)。
やっと中堅組?ですが、はまったものは深く長く。
SSなどようやく書くのに慣れてきました。
wind-and-bluesky100[at]hotmail.co.jp
連絡用のメールアドレスです。
[at]を変換してからご使用下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。