FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[SS]SLBの平和利用

記念すべき初公開SSです!
厳密には第一作ではないのですが、とりあえず短編から載せてみるということにしました。

このSSはある人からリクエストを受けて書いたものです。
私の場合、リクエストを受けた方が、書きやすいのかもしれません。
設定とか考え始めると、止まらなくなってしまう性格なので・・・。

それでは追記からどうぞ~!



「SLBの平和利用」




今日もヴィヴィオは小学校に行って、フェイトちゃんは本局でお仕事。私なのははというと、家事に勤しんでいます。

元は喫茶店の看板娘の私ですから、家事全般は結構得意。
フェイトちゃんもリニスさんに教わっていて、一応一通りはできるのですが…



夫婦の役割分担って重要ですよね…



フェイトちゃんに暇ができたら、家事の教導もしてみようかな?


さて、そろそろヴィヴィオが帰って来る時間。おやつを用意して、ふと窓の外を見やるといかにも怪しげな黒い雲が…

確か、今朝ヴィヴィオは…!
「…っレイジングハート!」
「O.K. Master.」
杖を構え、バリアジャケットを装着。時は一刻を争う!
「高度3000まで上昇!エクセリオンモードを展開!」
「All right,master.」
「行くよ、レイジングハート!」

私はベランダの窓を開け放つと、飛び去った。

飛行速度はフェイトちゃんに敵わないけど、それでも5分とかからず到着。目の前には禍々しい黒い雲。
「一撃で決めるよ。」
「Of cource.」
杖を正面に構えて、チャージを開始する。カートリッジが3発、空中に投げ出された。
「スターライト…ブレイカー!!!」

収束した砲撃から無数の光の矢が雲の中えと消えていった。そして


ドガーン


盛大な破裂音とともに、雲の塊は、散り散りに飛散し、後にはもやのような薄い雲が漂っていた。


「よし。…大急ぎで戻らないと!」







「ただいま~」
「お帰りヴィヴィオ。」
「ただいま。なのはママ。」
「ヴィヴィオ、今朝傘置いていったでしょ。ダメだよ。傘持って行かないと。」
「はーい。でも、私が傘忘れた時、雨降ったことないんだよ。すごいよね!」








その夜
「…なのは」
ビクッ
「な、何かなフェイトちゃん。」
「今日昼間SLB使ったでしょ?」
…痛いです。その、視線が。
「な、なんのことかな。」
「何のじゃないでしょ!本局のコンピュータにはバレバレなんだよ!」
「だって、ヴィヴィオが傘忘れて、雨が降りそうだったからつい…」
「つい、じゃないよ!みんなに言い訳するの大変なんだからね。」
「でもヴィヴィオが濡れるよりは…」
「分かった。分かったから、次はアクセルシューターにしてね。」
「ありがとう!フェイトちゃん!」



白い悪魔は天気さえも変えてしまうらしい…

FIN


スポンサーサイト

コメント

初めまして

初めまして(^0^)
うにゃ!!と申します。
お~ら☆あみ~ごの脇田さんのリンクから来させて頂きました♪
早速SS読ませて頂きました♪
なのフェイなのですね♪
フェイなのなんですね♪←重要なので2回言う
楽しませて頂きました♪
今後も楽しみにしてますね♪
あと、うちもなのフェイSSのブログを開いております
もしよろしければ相互リンクなど貼らせて頂きたいなと思っておりますのでお返事お待ちしております♪
ではでは


こちらこそ初めまして!

うにゃ!!様
はじめまして・・・と書いてはいますが、以前から貴ブログには
ちょくちょくお邪魔しておりまして、何点か作品も読ませていただいたりしております。
ぜひぜひ、相互リンクの件、宜しくお願いいたします。

私の場合はどちらかと言えばなのフェイよりの作品が多いのかなぁ
と思います。
まだ1本しかあげていないのですが、なのフェイ作品は3本位ストック
がありますので、折を見て公開していきます。

それでは今後とも宜しくお願いいたします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

黒光(くろみつ)

Author:黒光(くろみつ)
リリカルなのはと出会ってやっと2年(2010年3月時)。
やっと中堅組?ですが、はまったものは深く長く。
SSなどようやく書くのに慣れてきました。
wind-and-bluesky100[at]hotmail.co.jp
連絡用のメールアドレスです。
[at]を変換してからご使用下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。